日本皮膚科学会の判定指標は、@強い掻痒感、A固有の発疹とその広がり、B反復する慢性の経過、3つすべてにチェックが入る疾患を「アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」と診断する。
何れにしても乾燥肌が普段の暮らしや身辺の環境に大きく関係しているというのなら、日々のちょっとした習慣に気を配りさえすればかなり肌のトラブルは解消すると思います。

皮膚が乾燥する因子である角質の細胞間脂質と皮脂の減退は、アトピー性皮膚炎などの先天的なものと、逃れようのない老化や化粧品や洗浄料による後天的な要素に由来するものの2種類に分かれます。

掻痒等が出るアトピー性皮膚炎の素因としては、1.腸内や表皮、肺や口腔内などにおけるフローラ(細菌叢)、2.遺伝的因子、3.栄養面での要因、4.環境面での素因、5.その他の要素の説などが主流となっている。
化粧の悪いところ:涙が出る時にあたかも阿修羅のような恐ろしい形相になってしまう。
微かに間違えただけなのに派手になったり台無しになる。
顔立ちをごまかすのにも限界というものがある。
アトピー性皮膚炎とは、アレルギー様の症状と関わっている状態の内、肌の激しい炎症(湿疹・掻痒感など)を認めるもので要するに皮ふ過敏症の仲間だ。
アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)を塗り薬の力だけで良くしようというのには幾分無理があります。

生活環境や趣味など暮らし全体のモットーまで拡大した診察が欠かせません。