本国では、皮膚が透き通るように白くて黄ぐすみや茶色いシミの出ていない態を好ましく思う価値観が前から浸透しており、「色の白いは七難隠す」という諺もあるくらいだ。
明治時代の末期に外国帰りの女性たちが、洋風の髪型、洋風の服装、洋式に使う化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介した結果、これらをまとめた用語のひとつとして、美容がけわいの代わりに使われるようになったとされている。
更に、肌の弛みに大きく関わっているのが表情筋。
喜怒哀楽の様々な表情をするたびに伸び縮みする顔に張り巡らされている筋肉のことです。

コラーゲンと同様、この表情筋の機能も老化にともなって鈍くなるのです。

内臓の健康度を数値で測ることのできる専門の機械があります。

『ノイロメーター』という名前の医療機器で、人間の自律神経の様子を計測して、内臓の健康状態を確認しようという内容のものです。

美容外科とは、人間の体の機能上の損壊や変形を矯正するよりも、専ら美的感覚に基づいて人の身体の容貌の向上を図る医学の一つで、独自性を持った標榜科である。
もともと、健康な皮膚のターンオーバーは28日周期で、一日毎に新しい肌細胞が生まれ、365日剥落し続けています。

これらの「毎日の生まれ変わり」によって私たちの皮ふは若々しさをキープし続けています。

昼間、普段さほどむくまない顔や手がパンパンに浮腫んだ、十分寝ているのに脹脛のむくみが取れない、といった症状は病気が潜伏しているかもしれないので医者の迅速な診察を直ぐ受けなければなりません。